グローブ(野球グラブ)・スパイクの修理・オーバーホールはサンスポーツ取手本店におまかせ!

製作例
お客様の声
お買い得品

メンテナンスについて


<スパイク再生>

1・表面はグラブ同様、硬く絞ったぬれ雑巾で、泥や草などの汚れを良く拭き取り、乾いたらブラシ等で更に汚れを落とす。

2・金具は金ブラシ等で泥や草などを落とし、感グがさびないよう水分を拭き取っておく。
  革底のスパイクの場合は、汚れを落としてから、ソールにレザーローションを塗っておくと割れにくくなる。

3・表面の革がかさついている場合は、市販の靴クリームを軽く塗り、クリームが乾いたら、乾いたタオル、雑巾等で磨く。

4・金具のゆるみ、ネジのゆるみは怪我の元になるので必ず確認をしておく。但しネジ式の場合はネジの締めすぎに気をつける。

5・金具交換時期は、金具が半分くらい減った時がベストであり、それ以上経過すると、滑りやすくなるのはもちろん、逆に金具が外れにくく、交換時に別途料金がかかつてしまう場合もあるのであまり減り過ぎないようすること。

6・破れ等が出来た場合、破れの少ない時期に修理しておくことが、より長持ちさせるコツである。

7・インソールは足を保護する為に一番大切なものであるので、穴あき、薄くなった場合は早めの交換をおすすめします。
Copyright (C) Sunsports-togashira.all rights researved